結婚指輪に使用する素材の選び方や注意点!

結婚指輪に使われている素材

結婚指輪にはさまざまな種類の素材が使用されています。素材が変わると指輪の印象が大きく変わるだけでなく、機能面でも違いがでてきます。ここからは、結婚指輪の素材の中でも人気のゴールドとプラチナの比較をしていきたいと思います。

ゴールドとプラチナの特徴

ゴールド

ゴールドはホワイト・イエロー・ピンクという3種類のカラーバリエーションがありますが、どれも長期間使用していると、変色してきてしまう可能性があります。長期間使用する結婚指輪に使用するためには、数年に一回修繕が必要となるでしょう。可愛らしい見た目の上に安いので、若いカップルに人気があります。

プラチナ

プラチナはゴールドに比べると、変色や変形する心配が少ないです。その分値段が高くなりますが、長期間使用していても、購入した当時の見た目をキープしてくれます。結婚指輪の中で最も人気の素材で、多くの年齢層から支持されています。迷ったらプラチナにしておけば間違いはないでしょう。

結婚指輪に使用する素材の選び方や注意点!

指輪

金属アレルギーの方は要注意

結婚指輪の中には、金属アレルギーに反応してしまう素材もあります。それは、金属である以上仕方のないことですが、金属アレルギーの症状が出にくい素材を選ぶことで、予防することができます。金属アレルギーの症状が起きにくいとされているのは、チタン・ステンレス・ジルコニウム・イリジウムです。大阪で結婚指輪を購入する前に、素材も確認しておきましょう。

赤い糸

加工しやすいプラチナ

プラチナで作られた結婚指輪は、他の素材で作られた指輪に比べると加工がしやすくなっています。なので、サイズ直しをしてもらうことが可能となっています。ですが、素材によっては加工がしにくい素材もあるので、サイズ直しが不可能となる場合もあります。加工をしてもらう予定がある場合は、プラチナを選ぶといいでしょう。

先を見据える

長い期間利用する結婚指輪は選ぶ時の衝動で決めてはいけません。金属アレルギーといった問題がでないか、使用していて加工が必要になった時に対応してもらえるかなど、先を見据えて素材を決めるようにしましょう。

広告募集中