結婚指輪に使用されている宝石の種類や選び方

結婚指輪の宝石

結婚指輪には、多くの宝石が使用できます。使用される宝石の代表格といえば、やはりダイヤモンドでしょう。ダイヤモンド以外の宝石も綺麗なので、名前だけでも知っておきましょう。

結婚指輪に使用される宝石

  • ダイヤモンド
  • ピンクダイヤモンド
  • ルビー
  • サファイア
  • パール

結婚指輪に使用されている宝石の種類や選び方

リング

圧倒的人気のダイヤモンド

大阪で結婚指輪を購入した方の9割以上が、宝石にダイヤモンドを選んだという結果が出ています。なので、結婚指輪に個性を出したいのであれば、ダイヤモンド以外の宝石を使用するといいでしょう。ダイヤモンド以外でも綺麗な宝石はたくさんあります。

指輪の素材と宝石の相性

指輪の宝石を選ぶ際には、使用されているリングの素材と宝石がマッチしているか確認する必要があります。素材として人気のプラチナは、どの宝石とも相性が良く、万能な素材です。ゴールドなど素材自体に色がついている場合は、色の組み合わせがおかしくないか考えて選びましょう。

ダイヤモンドのカット

ダイヤモンドの価値を評価する判断基準のひとつにカットがあります。切り方によって、美しさや与える印象が変わってくるので、とても重要なのです。基本的にカットはダイヤモンドに注がれた光を効率的に反射することができれば、評価が高くなります。購入する前にどのようなカットなのか尋ねるようにしましょう。

ダイヤモンドを選べば失敗しない

ダイヤモンドは多くの方に選ばれていることから分かりますが、結婚指輪の定番宝石となっています。迷った時には、ダイヤモンドを選んでおくと失敗しないでしょう。

広告募集中